×
「ふくしまの高校生が伝える ナラティブ・プレゼンテーション」では、約半年間をかけて「ナラティブ型」のプレゼンスキルを身に付けた高校生22名がステージに立ち、3.11からこれまでの経験をもとに「自分のいまの念い」を語ります。ふくしまプレゼンテーション

ゲスト

お笑いトリオの「3時のヒロイン」がスペシャルゲストとして登場!またゲストコメンテーターとして教育評論家・尾木直樹氏、詩人・和合亮一氏、社会学者・開沼博氏をお迎えします。

3時のヒロイン
尾木直樹
和合亮一
開沼博
「ナラティブ」は聞き手に想いを伝える話術、特に一人ひとりが主体となって語る表現技術を指す言葉です。<br>
										「ふくしまの高校生が伝える ナラティブ・プレゼンテーション」では、約半年間をかけて「ナラティブ型」のプレゼンスキルを身に付けた高校生22名がステージに立ち、3.11からこれまでの経験をもとに「自分のいまの念い」を語ります。

東北地方太平洋沖地震とそれに伴う原子力発電所事故から10年が経過しようとしています。

2020年7月にスタートした「ふくしまナラティブ・スコラ(※)」。このワークショップに参加した県内の高校生は約半年間をかけて、プレゼンスキルを学びながら<私>や<ふくしま>の過去・現在・未来について向き合ってきました。

「ふくしまの高校生が伝える ナラティブ・プレゼンテーション」では高校生が一人ずつステージに立ち、東日本大震災からこれまでに経験したこと、学んだこと、悩んだことに触れながら「私のいまの念い(おもい)」を語ります。

高校生が等身大の言葉で語るそれぞれのストーリーに耳を傾けて、会場のみんなで<自分>や<ふくしま>の今と未来を考えてみませんか。

▶ タイムスケジュール12/13(日) 12:00〜18:00

12:00
開 場
12:30
第1部
15:00
第1部終了
・休憩
15:30
第2部
18:00
終了

▶ ゲストプロフィール

3時のヒロイン

〈お笑い芸人〉3時のヒロイン

2017年に結成したゆめっち、福田麻貴、かなでからなるお笑いトリオ。2019年開催の第3回「女芸人No.1決定戦 THE W」で優勝を果たす。絶妙なチーム力から繰り出される芝居ベースのコントで“お笑い第7世代”としてブレイク。2020年11月開催の「第40回高校生クイズ」(日本テレビ系)では応援サポーターにも就任。

尾木直樹

〈教育評論家〉尾木直樹(尾木ママ)

滋賀県生まれ。中高の教師として、22年間子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開、その後法政大学教授など22年間大学教育に携わり、合計44年間教壇に立つ。「尾木ママ」の愛称で親しまれ、Eテレ「ウワサの保護者会」やフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」など多数のテレビ番組で活躍中。

和合亮一

〈詩人〉和合 亮一

詩人。国語教師。福島市在住。中原中也賞、晩翠賞など受賞。震災直後にTwitterにて福島の現状を詩の言葉で伝えた。それをまとめた詩集「詩の礫」が日本のみならず、海外でも翻訳・出版され、フランスから詩集賞を受賞(日本文壇史上初)。詩集「QQQ」にて昨年度萩原朔太郎賞を受賞。最新詩集「Transit」(ナナロク社)。合唱曲の作詞など多数。福島大学応援大使。

開沼博

〈立命館大学准教授〉開沼 博

1984年福島県生まれ。立命館大学衣笠総合研究機構准教授(2016-)。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。専攻は社会学。著書に『はじめての福島学』(イースト・プレス)『漂白される社会』(ダイヤモンド社)など学術誌の他、新聞・雑誌等にルポ・評論・書評などを執筆。

前田鎌利

前田 鎌利(まえだ かまり)

プレゼンテーションクリエイター
株式会社固 代表取締役 / 書家

1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信、ジェイフォン、ボーダフォン、ソフトバンクモバイルと17年にわたり移動通信事業に携わる。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され、初年度第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも担当。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。2018年12月、一般社団法人プレゼンテーション協会を設立、代表理事に就任。

開催情報

Information

「ふくしまの高校生が伝える ナラティブ・プレゼンテーション」への
参加はすべて事前申込制となります。
応募者多数の場合は抽選

場所
けんしん郡山文化センター
〒963-8878 福島県郡山市堤下町1-2
日時
2020年12月13日(日)
12:30〜18:00(12:00開場)
第1部(前半) 12:30〜15:00 
第2部(後半) 15:30〜18:00
※第1部(前半)のみ・第2部(後半)のみ・1部2部通しの3種の観覧方法がございます。
申込受付期間
2020年11月6日(金)18:00~11月30日(月)18:00まで
費用
入場・参加無料

新型コロナウィルス感染症防止対策へのご協力をお願いいたします。
また、県内の感染状況に応じて内容の変更や中止となる場合がございます。

申込方法

Application

アクセス

Access

けんしん郡山文化センターには駐車場がございませんので、
ご来館の際は公共の交通機関又はタクシー等をご利用ください。

【けんしん郡山文化センター】

〒963-8878
福島県郡山市堤下町1−2

  • 郡山駅からバス(福島交通) 約10分
    郡山駅前バス乗り場「郡山駅前11番ポール」より「市民文化センター」下車
    (コスモス循環池ノ台先回り・池ノ台経由静団地行・池ノ台・芦の口経由下守屋行・池ノ台経由鎗ヶ池団地行)
  • 郡山駅からタクシー 約5分
  • 郡山駅から徒歩 約20分